プロフィール

よしぽん

Author:よしぽん
左上から時計周りに

★ 紗羅(シャラ)
2007年9月14日生まれ

やさぐれ隊・隊長
小心者・運動御地、だけど隊長。
最高権力者。
虐待経験があるので、人間ちょっと苦手。



★ 茅乃(ちの) 
2008年5月1日生まれ。

シャラ大好き。
「かわいい」は自分のニックネームだと思ってる。
姫。

★ 羽稚(ハチ) 
2009年3月18日生まれ。

残念男代表。
お客さん大好き。
女性がもっと好き。

★ 飛菜(ひな) 
2009年7月11日

やさぐれ隊・切り込み隊長。
実は隠れボス?
おとーさんを手玉に取っている。


★ 紅芦(クロ)
生年月日不明・・・
2004年ぐらい生まれ?
2010年2月11日捕獲成功。
あまあまな優しい男。



★ 耀(テル)
2010年4月25日

ママっ子。
頭使わず力任せ。
ママ以外には、髪の長い女性を好む??

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

猫のいる風景
6匹にゃん +α(預かりにゃん)と暮らす日々IN 済州
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子猫たちの巣立ち -レナー
前回も描きましたが、レナがもらわれていったのは

5月15日。











レナのママになってくれる人は


獣医さん。


(っていっても、まだ開業してないのですが)


「まさか、実験用とかに必要なわけじゃないですよね?

 ここ(済州)の動物病院で、ケージに入れっぱなしにして

 観賞用っていうか営業用みたいに飾りにおいておく病院を見たことあるんですけど

 そういった方なら困るんですが」



などといった、失礼極まりないストレートな質問?攻め?にも


気を悪くせず、きちんと説明してくださったDさん。



念のために、同意書や申込書を書にサインをもらってるのだが


それにもきちんと応じてくれて


獣医さん相手に


猫の本を探りながら描いた

「猫の育て方」レポート 12枚ほどのものを私

「猫とは・・・」云々薀蓄並べる私にも

いやな顔ひとつせず


「・・・獣医さん相手にすみません」という私に


「いえいえ、ご心配なのはわかります」と言ってくれたDさん。




家族みんなで、レナの受け入れを相談し


迎え入れてくださった。





にゃん仔らを送り出す時は


スンさんに同席してもらうのだが


(平日でも・・・会社抜け出してもらう・・・爆爆)



この日は、どうしても抜け出せなくて


(週末も時間が合わず)



スンさんはレナを見届けられなかった。



が、この日は母と弟が遊びに来てた。



弟も猫が好きなので、もう最後だから・・・と会いに来てた。




201005150017.jpg


甘ったれクックは


すぐさま、ゴロゴロ猫に。





201005150018.jpg

クマみたいな弟も


デレデレ。




201005150021.jpg


遊びつかれた弟の上に


きゃぴひゃぴのっかるかわいい天使たち。


まるでガリバー旅行記だ・・・。

201005150022.jpg



これこれ、それは


キャットタワーではないのだぞw


いっぱい遊んで


疲れた頃には


テトテトと自分のベッドに行って


お昼寝するレナちゃん。



201005150013.jpg



なりは小さいけど、しっかりしたお嬢ちゃまw



今日が3匹一緒にいられるのが最後になるから・・・と



201005150015.jpg



ベッドに運んでみる。



201005150010.jpg


こんな姿を見られるのも


これが最後かと思うと


201005150012.jpg


やっぱり泣けてくる。


201005150016.jpg


・・・これこれ・・・


レナを枕にするでない・・・。




201005150019.jpg
おにーちゃ苦しいよぉ。
えへへ。


いつもは、マキ坊


やりすぎて止められたりもするのだが


今日だけは、やりたい放題。


201005150014.jpg
おかーさん、止めないからつまんない。
ふーやれやれ。





この後まもなくして、Dさんがいらっしゃり、


あれこれ話してから


「じゃぁ、新しいママに抱っこしてもらおうか」


と、


レナをDさんに渡すと


何かを察したレナ


初めて、「しゃー」をした^^;



まぁすぐゴロゴロ猫になったけど・・・。




Dさんを送り出すとき


最後まで私を見ていたレナ。



恥も外聞もない。


レナにはひたすら


「私はずっとレナのママだから。ママが増えるんだから、幸せなんだよ?

 家族が増えるんだからね?捨てられるんじゃないからね。」と


ずっと話しかけた。



201005150023.jpg


ちっちゃいけど、お転婆で強気だったレナ。


201005150024.jpg


ご飯の時は人一倍甘えん坊で、


手の平に離乳食載せて食べるのが好きだったレナ。


ママの指をちゅぱちゅぱしながら寝るのが好きだったレナ。






新しい家族ができました。


おめでとう^^


レナがママを忘れても



ママは覚えてるから大丈夫。



しっかり幸せになるんだよ。




201005150025.jpg



レナが行ってしまった後


何も気にせず、再びお昼寝する坊やたち。




2団子になっちゃった。








↓今日も応援宜しくお願いします☆

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2010/06/06 22:24] | # [ 編集 ]

No title
レナの新しいママは獣医さんなら安心ね!
って、よしぽんちゃんなら必ず安心できる所にしか里子に出さないだろうけど。

弟さん、ほんとガリバーの世界!!!
こういう写真一枚一枚もよしぽんちゃんの思い出のお宝になるのね。
ふわふわの毛がたまんな~い!
それにしても獣医さん相手に、猫の育て方とは、ちょっと笑えるかも。

子猫たちがいなくなって、ほかの子たちはどうしてるかな?
静かになった?
[2010/06/07 23:06] URL | 愛されている妻 #- [ 編集 ]

No title
☆ 愛されてる妻さん ☆

>よしぽんちゃんなら必ず安心できる所にしか里子に出さないだろうけど。
ありがたいお言葉><
でも、やっぱりそわそわしちゃいますが・・・。

やっぱあれでしたよねぇ!
獣医さん相手に薀蓄並べて・・・。
はたと気づいて恐縮しましたが・・・。

実はその後も居候が入ったりで
羽稚は寂しがる暇があまりありませんでしたw


[2010/06/07 23:26] URL | よしぽん #AroKq.8Q [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sharapon.blog38.fc2.com/tb.php/494-70c3be49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。