プロフィール

よしぽん

Author:よしぽん
左上から時計周りに

★ 紗羅(シャラ)
2007年9月14日生まれ

やさぐれ隊・隊長
小心者・運動御地、だけど隊長。
最高権力者。
虐待経験があるので、人間ちょっと苦手。



★ 茅乃(ちの) 
2008年5月1日生まれ。

シャラ大好き。
「かわいい」は自分のニックネームだと思ってる。
姫。

★ 羽稚(ハチ) 
2009年3月18日生まれ。

残念男代表。
お客さん大好き。
女性がもっと好き。

★ 飛菜(ひな) 
2009年7月11日

やさぐれ隊・切り込み隊長。
実は隠れボス?
おとーさんを手玉に取っている。


★ 紅芦(クロ)
生年月日不明・・・
2004年ぐらい生まれ?
2010年2月11日捕獲成功。
あまあまな優しい男。



★ 耀(テル)
2010年4月25日

ママっ子。
頭使わず力任せ。
ママ以外には、髪の長い女性を好む??

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

猫のいる風景
6匹にゃん +α(預かりにゃん)と暮らす日々IN 済州
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チノ退院☆ポッピーがいなくなって4年目。
12月、休みに入って以来、ずーっと朝寝坊していたのだが

今日は5時半からそわそわとしてしまって

9時の開院を待って、さっそくチノの退院手続きにGO。

賄賂で、今度はドーナッツを買っていった笑


伸び縮みする包帯みたいなやつで

先生お手製の、腹巻き?みたいなのまでしてもらって。

缶詰やら、パウチやらお土産までもらって。

アンド、院長の送迎つきで、無事退院。

済州の動物病院にしたら、

ってか、その病院の中でのVIP待遇。

まぁそれぐらい、金も使っているからなのか。

私がうるさいからなのかw

いやいや、やさしさなのだろう。


とにかく、無事退院☆☆☆☆


2008120903.jpg

2008120902.jpg


帰ってからは、まだぎこちない歩き方で

家の中をパトロール。

終始、チノの尻の匂いをかいでいた紗羅。

感動の再会とまではいかず笑



もたせてやった、チノのご飯、ほとんど手をつけずだったと

先生は言っていたけど。

やはり、我が家が落ち着くのか。

2008120901.jpg

パトロールが終わると、すぐ

ご飯にかかるチノ助だった。


今はこたつの中でおくつろぎ中。

当たり前の手術をしてきただけで

大騒ぎしてる私やチノに愛想つかさず

応援してくださったみなさま!

ありがとうございました^^

あとは土曜日の抜糸をまつのみです!







ここからは長くなるので

時間のある方だけ読んでやってください。





今日は、我が愛犬ポッピーが亡くなって5年目の日。

その日は、すごい雪が降った。

午後の出勤前。

いつも、暖をとっているはずなのに

雪の振る中、軒下でじっと座っていたポッピー。

最後のお別れを言いたかったのかな・・・と

今でも思う。

もっと早く気づいてやればよかったのに・・・と

今でも心苦しい。

時間ぎりぎりまでポッピーの傍にいて。

泣きながら仕事にいったっけ。

私が傍を離れてまもなく、ポッピーは息を引き取ったといった。


もうその日から5年。

今でも私の中では大事な大事な友達。

今私はそのときより、大人になった。

力もついた。

もっともっと、貴方を大事にしてやれたのにと。

今でも心苦しくなるよ。

今はにゃんこ2匹を、貴方にしてやりたかったことを

してやれなかったことを、思い出しては悔いのないよう

精一杯大事にしてるつもりだよ。

見てるかな?

自分中心な可愛がり方しかできなくてごめんよ。

こんな私でも一途に慕ってくれてありがとね。

あなたのそんな所を、私は見習いたいと思うんだよ。


popy-5_convert_20081209103731.jpg

いつまでも、一番の友達であり、家族だからね。




ポッピーが逝ってしまったこの日に。

丁度他のブログから見た記事を

より多くの人に見てもらうために、ここに貼り付けさせてもらいます。







以下は、純情仔猫物語というブログサイトにて掲載されていたものです。





毎日新聞に掲載されている森絵都さんの『君と一緒に生きよう』
ご覧になられた方も多いと思いますが、転載させて頂きました。

森さんの連載が2008年9月19日で最終回となりました。
最終回は森さん自ら処分場を訪れ、目にされた事が記事になっています。

以下、許可を得て転載致します。


君と一緒に生きよう ~最終回~

『救われない命たち』 

8月の末、私はこの連載最後の取材として某施設を訪ねた。捨て犬や迷い犬が収容されるセンター、俗にいう保健所だ。

人との出会いで救われた犬の話を伝えつづけた1年だった。が、それはごくごくひと握りの幸運な例にすぎず、大多数の捨て犬は救済を待てずに死んでいく。その現実に直面しつづけた1年でもあった。

私はもう1年前のように単純な気持ちで、犬との生活を人様に勧められない。簡単に犬を飼う人は簡単に捨てる。飲み物に毛が入るから、との理由で犬を手放す飼い主がいる。不妊手術をしていない飼い犬に何度も子犬を産ませ、そのたびにセンターへ持ちこむリピーターがいる。そんな話を聞きすぎた。

人間の気まぐれで飼われ、捨てられ、センターへ収容された犬はどうなるのか?

最後にそれを伝えてこの連載をしめくくりたい。

犬の不幸を書くのはつらい。読むのもつらいと思う。無理強いはできない。けれど、できれば目をそらさないでください。これは遠い世界の惨事ではなく、私たちの社会の片隅に常にある茶飯事なのだから。

その建物は人気のない土地にひっそりとあった。足を踏み入れると、敷地内の空気は重かった。これは私の感傷のせいかもしれない。

午前9時半、センター職員の案内で犬の収容場所へ通された。どうか、いませんように。祈りもむなしく、檻(おり)の中には多くの犬がいた。恐怖で表情を失っている犬。所在なげに徘徊(はいかい)している犬。尾を振り寄ってくる犬。その多くは飼い主に捨てられた犬たちだ。中には首輪をつけた迷い犬もいるけれど、飼い主が現れる犬は全体の2パーセント程度にすぎないという。

だから、死んでしまうのだろう。今日ここにいる犬たちも、飼い主が迎えにくると信じたいけれど、そう信じて救われるのは私だけだ。実際問題、彼らは数日後に葬られる。その現実を噛(か)みしめながら、1頭1頭の姿を瞳に刻んでいく。

歩みを進めるにつれ、檻の中にいる犬たちに残された時間は減っていく。収容されたばかりの犬は一番手前の部屋に入れられ、日を追うごとに奥へ、奥へと移動させられるのだ。収容期間は自治体によって異なるが、最も奥の部屋へ行きついたその日が彼らの命の果てるときだ。

奥へと進むほどに私の足も重くなる。鼓動も速まる。殺処分の時刻が近づいていた。

犬の保護に携わる方々のお陰で今回は特別に許可が下りたが、通常、殺処分の現場へ部外者は立ち入れない。どこのセンターでも見学できるのは死の一歩手前までだ。理由は「規則だから」の一点張りで、なぜそのような規則があるのかと尋ねたところ、「あまりにもショッキングで見せられないため」との声も返ってきた。「あまりにもショッキング」な方法で犬たちは殺されているわけである。

その日、処分対象の成犬は12頭いた。どの犬も元気で若々しく、毛並みもきれいで飼い犬となんら変わらない。彼らだって捨てられるまでは誰かに飼われていたのだ。今、この瞬間も飼い主が迎えにくるのを待っているかもしれない。

しかし、迎えは現れない。死へ直結する最後の部屋にいた彼らは、リモート操作で動く壁により、否(いや)応なしに通路へ追われていく。

最後までいやがり、逃げまわっている白い犬がいた。白熊(しろくま)みたいにもこもことした中型犬。人懐っこそうなその犬も、ついには通路へ追いやられた。今度は通路の壁が動き、12頭をガス室へと誘導する。人の手を一切介することなく、彼らは処刑場に収納された。

ガス室はステンレス製の四角い箱型で、側面にはのぞき窓がついている。その窓から見える12頭は皆、ひどく混乱しておろおろとしている。ここはどこ? 何が始まるの? 恐怖と不安で息が荒い。

炭酸ガスの注入が始まると、ますますその息は荒くなる。そして彼らはがくがくと痙攣(けいれん)を始める。1頭、また1頭と倒れていく中で、さっきの白い犬が窓ガラスを隔てた私たちの存在に気づいた。助けを求めるようにやってくる。最後の力をふりしぼって窓ガラスに前脚をかける。目が合った。死にたくないと全力で訴えている目。

ごめんね。私には心で謝るしかできなかった。ごめんね。助けてあげられない。あなたの名前もわからないから、誰にも伝えてあげられない。

これだけ鮮明な死を前にして何もしないのは、私が殺しているのも同然だ。そう思いながら犬たちの絶命を見届けた。

炭酸ガスの注入から数分後には、どの犬も動きをなくしていた。苦しみ、あえぎながらみんな死んでしまった。

「なぜせめて安楽死をさせてやれないんだろうね」

殺処分から十数分後、職員のひとりがガス室に入り、12頭の臨終を確認していった。1頭1頭きれいに横たえ、両手を合わせるその目は濡(ぬ)れていた。

「毎回、涙が出る」

多い日には30頭以上が処分を受けるという。それが日本各地のセンターで毎朝くりかえされている。一方でペット産業は大いに栄え、インターネットのオークションでは1円から犬が取引されている。

この社会は果たして健全だろうか。私たちは子供に「命を大切にしましょう」と言えるのか。

生きたい。そう叫んでいた犬の瞳を脳裏に焼きつけ、今後も考えつづけたい。
















大変長くなりました。


色んな大事な命が

少しでも多く、守られていってほしいと思います。




↓応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
スポンサーサイト

コメント

出来る範囲で 出来るだけのことを みんながするようになれば 犬猫のことだけにかかわらず もっと やさしい世の中になると思う。

どう頑張ったって地球以外に 住める訳じゃないし たった100年足らずの人生。

縁あって家族になったり 友達になったり 知り合いになったり 平和に暮らしたいですね。
[2008/12/09 12:47] URL | ちかにゃん #7kg6YHuA [ 編集 ]


チノちゃんの退院と、
ポッピーちゃんの命日が同じ。
・・・何かフシギな縁を感じてしまいます。
ポッピーちゃんはほんとに、
幸せな犬生だったんですね。
いなくなった今もこんなにも、
いとしく思っていてくれるよしぽんさんが
いるのだから・・・。


処分されていく動物たちも
ほんとに辛い最期を迎えるけれど、
職員さんの手を合わせてくれる姿を
きっとどこかで見ているはづだから、
それだけがせめてもの救いですね。

殺処分も殺人罪として裁かれるように
なれば、少しは減っていくのでしょうか・・・。

私も、処分されていくみんなの分まで
沙良を幸せにしていこうと思います。
[2008/12/09 16:56] URL | めぐにゃん #- [ 編集 ]


ポッピーちゃん、かわいかったね~!
私も、とってもかわいがっていた猫がいたんだけれど、途中からあんまり面倒を見ずに叔母まかせ。そして、その猫は私を一番好きだったのに、結局はきちんと面倒見ないうちに病気で亡くなってしまったの。今は、とっても私の中に汚点を残しているんだ。

だから、よしぽんちゃんが、こうやって紗羅やチノちゃんばかりではなくて、クロや他の外猫にもちゃんと愛情をかけてあげているのが、うれしいよ。

とっても、素敵なこと☆
無事にチノちゃんも帰ってこられてよかったね。そして、獣医さんにもよくしもらって、これまたよかった!!!


応援も☆
[2008/12/09 17:15] URL | panipopo #nmwP0wpU [ 編集 ]


チノちゃん、ご飯食べてるんですね
ひとまず安心ですね☆
ぴっちりの服って何だか可愛いねw

ポッピーちゃんとっても可愛い^^
マルチーズなのかな?
うちのわんこも白くてふわふわしてるので
雰囲気が似てるよ
うちのわんこ、今日一人で車に乗って見てきました
ぐーぐー寝てただけだけど見れて嬉しかったです

あとどのくらい一緒にいてくれるだろう・・・
わんこが小さい頃は家にいて遊んであげられたけど
私が大きくなる連れて一緒にいる時間が少なくなって。
ぴぐにゃんが帰ってくると思って
通学路をいつも見て待ってると知って
寂しい思いをさせてしまったなぁと思っています
何かもっとしてあげられたんじゃないかって
思ってしまいますよね・・・^^
わんこは先に旅立ってしまうけどいつまでも友達ですよね
いつか天国で会う日まで
幸せに暮らしててねと伝えたいです


殺されている犬猫は、安楽死ではないと知ったのはつい最近のことでした
実際は、苦しんで死んでいくんですよね・・・

実際の現状を公表していって
たくさんの人に関心を持ってもらえると
世の中が変わっていくかもしれないですね

かけがえのない命を大事してくれる
人が本当に増えてくれるといいですよね

応援ぽち☆
[2008/12/09 23:31] URL | ぴぐにゃん #- [ 編集 ]


チノちゃん退院\(^∇^)おめでとう
すごい包帯^^;
でもメガホンみたいなのがなくて良かった。
これなら傷口舐めれないもんね。

ちょっと辛い話。コメントするまでの時間ないけど
最後まで読ませてもらいますね。
[2008/12/09 23:35] URL | yuma #- [ 編集 ]

そうなんだ……。
ホッピーちゃんが亡くなった年と、米子が亡く
なった年と、旦那の実家の猫が亡くなった年は
同じだったんだね?

なんか、ホッピーちゃんに不思議な縁を感じ
るよ?「白い」犬だしね?動物って予感と
言うか、判るんだね。なんだか悲しいけど
愛情を持って接してあげた子はサインを残す
気がする。

……シーコの時もそう、だった。
まだ、シーコの話が最期まで書けない私が
居る。本当は……シーコに謝りたいんだけど。
自分の事しか、考えられなかった時期の話。

ホッピーちゃんを看取れなかったよしぽん
ちゃんはきっと、切ない思いをしたと思う。
でも、最期まで可愛がってあげてた……。
それで、良いんだと思う。だから、最期に
よしぽんちゃんを見送ってくれたんだろうね?


……犬の殺傷処分の話。
この現場は犬と猫をこの施設に連れてきた
人たちに、

「アナタ達は間接的に、こういう事をしてるんだ」と、
その現場を見せるべきなのではないかと思ってしまった。

なんで、飼い主じゃない職員さんが罪悪感一杯で…
「涙を流して手を合わせているの?」
職員の方は立派だと思う。

見知らぬ、犬達の為に涙を流し、手をあわせて……。

少しでも情が残っていたら、2度と同じ事は
出来ないのではないの?苦しむ事なんて、
そんな姿なんて見てないから、物を捨てるよ
うに生き物を捨てていくのでしょう?

今、近くにチュチュがヌクヌク寝ています。とても、
幸せそうに……。この幸せを人間が与えておき
、奪うなんて信じられない。

長くなちゃって、ゴメンネ。

チノちゃん退院おめでとう~(*´∀`*)
VIP待遇とは、凄いけど…やはり、ゴハン
食べないんだよね?病院に居る時って。

後は抜糸が無事に終わりますように……e-420
よしぽんちゃん、お疲れ様でした。
[2008/12/10 02:46] URL | ☆とまみさ★ #mQop/nM. [ 編集 ]

こんにちは。
今日は…これ以上、書き込めません…。
[2008/12/10 15:29] URL | 1004minmin #3un.pJ2M [ 編集 ]


チノちゃん、お帰り!
頑張ったね。
いっぱい遊んでいっぱい食べて
幸せになろうね。

数多くの人間の犠牲になっている動物達に
少しでも役に立てたら・・・
そんな気持ちでまず自分に出来ることから・・・と
ボランティアのお手伝いをさせて貰ってます。
実際活動をする以外にも
寄付をすること
保護された子を引き取ること
非常識な人間に注意すること
ブログでみんなにこの現状を知らせること
・・・いろいろな方法でお手伝いが出来ます。
少しのことでも多くの人が動けば大きい力になります。
無理せず自分の出来ることから・・・
そう思って動いてくれる人が増えるといいですね。
[2008/12/11 09:31] URL | ねここ #3dJpkgPM [ 編集 ]

ちかにゃんさん
できる範囲で、できることを・・・。
一番基本的であり、一番忘れがちなことですね。
でもそうやって、自分の小さなひとつを
することができたら、
少しは「非常識」さが消えてくれたら
いいですよね。



[2008/12/11 09:48] URL | よしぽん #AroKq.8Q [ 編集 ]

めぐにゃんさん
なんかいろいろ
やっぱり縁があるんですかね。


>ポッピーちゃんはほんとに、
幸せな犬生だったんですね。
いなくなった今もこんなにも、
いとしく思っていてくれるよしぽんさんが
いるのだから・・・。

それはにゃんちんも同じですねw
私の場合、生前もっとしてあげられたら・・・と悔いがたくさんのこってますが。
少なくても、紗羅やチノにはそういう
後悔のこしたくないです。
自分のためにも、にゃんこらのためにも。



>殺処分も殺人罪として裁かれるように
なれば、少しは減っていくのでしょうか・・・。

ほんと、罪として裁かれてほしいものです。
ごみですら、捨て方あやまると
罰せられるのに。
命あるものが、捨てられても罰せられないのは、理不尽です。
[2008/12/11 09:50] URL | よしぽん #AroKq.8Q [ 編集 ]

panipopoさん
動物は裏切らないものですよねえ・・・。
ポッピーも。
私なんかより、母のほうがよっぽど
よく世話してくれたのに。
やっぱり私のことを一番慕ってくれました。
それを思うと、本当いまでも心が痛みます。
「心の汚点」っていうところ。
私も同じです。
なるべく
同じ過ちを犯さないように
していきたいと思います。

[2008/12/11 09:53] URL | よしぽん #AroKq.8Q [ 編集 ]

ぴぐにゃんさん
ひっちりの服w
チノってこんだけしかなかったんだぁ・・・って、思いましたw
もっとぷくぷくに見えてたのになぁ・・・って。

マルチーズとスピッツのハーフでしたw
方耳がぴょんとなってるのです。

一人で見に行きたくなる気持ちわかりますわぁ。
寝てばかりでも、顔見られると
うれしいですよね。


>ぴぐにゃんが帰ってくると思って
通学路をいつも見て待ってると知って
寂しい思いをさせてしまったなぁと思っています

切ないですね。
犬ってほんとひたむきさが、もろに
表現されて。
いなくなると、そのひたむきさが
余計大きく見えて罪悪感が増してしまいます。



>友達ですよね
いつか天国で会う日まで
幸せに暮らしててねと伝えたいです

うんうん、わんちゃんも
絶対わかってくれてると思います。


>殺されている犬猫は、安楽死ではないと知ったのはつい最近のことでした
実際は、苦しんで死んでいくんですよね・・・

私もブログやってから知りました。
無念です。

少しでも減ってほしいと祈るばかりです。


[2008/12/11 09:57] URL | よしぽん #AroKq.8Q [ 編集 ]

yumaさん
>チノちゃん退院\(^∇^)おめでとう
ありがとうございます^▽^

>すごい包帯^^;
うんうん。腹巻きっぽくて
おもしろいのですが・・・。
チノじーさんみたいで^^;


忙しい中
いつもよってくれてありがとうございます!!!
[2008/12/11 09:58] URL | よしぽん #AroKq.8Q [ 編集 ]

☆とみまさ★さん
ほんと、不思議な縁ですね。
うんうん「白い」し。

本当、私の微々たる、自己中的な
愛情にも、ちゃんと応えてくれた
ポッピーに感謝の気持ちでいっぱいです。

今でも、忙しかったり眠かったり。
紗羅より自分を優先するときありますよ。
そのたび、反省する自分がいたり。
自分を大事におもっちゃうのは
本能なので、どうも難しいですね。

本当は仕事やすみたかったのですが、
当時、死と向き合ってる父がいて。
自分と重ね合わせちゃって。
で、仕事やすむことにも
亡くなってから、泣くことも
父の前じゃできなかったのです。
ポッピーには申し訳ないけど、
わかってね?って最後までわがまま言ってしまいました。





本当に・・・
命の無責任さにはらがたちます。





[2008/12/11 10:03] URL | よしぽん #AroKq.8Q [ 編集 ]

1004minminさん
こんにちは。
非道な状況ですよね。
韓国は日本ほど話題にはなってないですが。
あることはあるんですよね。
虐待だってあるし。
日本のひとより、まだ「ペット」だの
「命」への認識が薄いので
余計理不尽なことがあって。
見てて辛くなるときありますよねえ・・・。
[2008/12/11 10:05] URL | よしぽん #AroKq.8Q [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sharapon.blog38.fc2.com/tb.php/318-11ed0ae7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。