プロフィール

よしぽん

Author:よしぽん
左上から時計周りに

★ 紗羅(シャラ)
2007年9月14日生まれ

やさぐれ隊・隊長
小心者・運動御地、だけど隊長。
最高権力者。
虐待経験があるので、人間ちょっと苦手。



★ 茅乃(ちの) 
2008年5月1日生まれ。

シャラ大好き。
「かわいい」は自分のニックネームだと思ってる。
姫。

★ 羽稚(ハチ) 
2009年3月18日生まれ。

残念男代表。
お客さん大好き。
女性がもっと好き。

★ 飛菜(ひな) 
2009年7月11日

やさぐれ隊・切り込み隊長。
実は隠れボス?
おとーさんを手玉に取っている。


★ 紅芦(クロ)
生年月日不明・・・
2004年ぐらい生まれ?
2010年2月11日捕獲成功。
あまあまな優しい男。



★ 耀(テル)
2010年4月25日

ママっ子。
頭使わず力任せ。
ママ以外には、髪の長い女性を好む??

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

猫のいる風景
6匹にゃん +α(預かりにゃん)と暮らす日々IN 済州
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポッピーの思い出
(今日は(も?)長いので、暇なかたは読んでやってください^^;)


私は、実家でナナを飼うまでは

特に「猫好き」ってわけではなかった。

どっちかというと犬好き。

ってか、かなりの犬好きだった。

物心ついた頃から好きだった。

飼ってもらった動物図鑑、全部読むのも好きだったけど

「犬」のページはぼろぼろになるぐらい見てた。

出張の多かった父親が帰ってくると、決まって

「お父さん、どの犬好き?よっちゃんはねえ、これだよ。」

って、これもまた決まって、真ん中に書いてある柴犬の絵を指差した。

そう、柴犬が大好きだった。

3年生まで、アパート住まいだったので、犬は飼えず

こうやって、父親が帰ってくると、「どの犬が好き?」を聞くのだ。

別に、父親の答えが聞きたいんじゃない。

ただ、その柴犬の絵を見せたい。

ただ「好き」を言いふらしたい。

たぶん、そんなところだろうと思う。

恋する乙女が、好きな彼のことをしきりに口にするのと心理はにてると思う。

3年生の夏、父親の建てた家に引越し、

そこには

母親が飼ってた、「エリ」という柴犬の雑種(それまで知人に預けてた)と

「マリー」という、そのエリの子(といっても成犬)が待っていて

私はうれしくて仕方が無かった。

その後、エリはまた子供を生み

私は薄茶色の子犬を、ミルクから育てた。

名前は「モコ」。

でも、家の事情でまた引っ越すことになり

モコは知人に預けられた。

最後の日、車の中から見たモコの姿が

いつものように、やや寄りかかり気味に伏せをして

車を見送ったモコの姿が

未だに、滲んだまま記憶に残っている。



もともとが、柴犬や秋田犬などといった

日本犬好みの私だったが

2匹ばかり続けてかったのだが、飼い続けることができなかった。

ふてくされてる私に父は

「小さい犬なら・・・」ってことで出会ったのが、

白い犬のポッピーちゃん。

マルチーズの雑種。

小型犬には興味のなかった私。

またもやふてくされたまま、店の人が手放したくなさそうだったので

意地で、その犬じゃなきゃいやだと、譲ってもらった。

最初の「意地」はポッピーを抱いた瞬間からなくなった。

かわいくて、かわいくて。

popy-6_convert_20080818114929.jpg

寝るときも一緒。

トイレもお風呂も全然苦労しなかった。

お風呂なんか、気持ちよさそうにお湯に浸かってたものだ。

ドライヤーも嫌がらず、これまた気持ちよさそうに

ブラッシングされてたものだ。

popy-3_convert_20080818114851.jpg


右のお耳が、ぴょんと立っているのがチャームポイント。

私が自転車にまたげば、かごに乗せろと、わしゃわしゃわしゃ。

バイクに乗れば、足の置き場に、ちゃっかり座ってたポッピー。

私がバスに乗ってでかければ、

猛ダッシュでついてきたこともあり、ひやひやさせられたことも。

海へ連れて行けば、

海の中へもついてきた。



popy-2_convert_20080818114838.jpg

お座りとお手と伏せしか教えなかったけど。

人一倍の甘えっこ。

1歳すぎるまでは、他の人には絶対媚らなかったっけw

子犬を生んだけど

わが子よりも、自分が先の

ちょっとわがままっ子w

私が子犬をかわいがろうものなら

「私も、私も」と、我が子を押しのけたポッピーさん。

「わがまま」だけど、私にはかわいくて、かわいくてw

popy-4_convert_20080818114904.jpg

すぐお腹を見せて、「なでて、なでて」と甘える。

約20年。

私のそばにはいつもポッピーがいた。

ポッピーがいなくなるなんて、全然考えられもしなかった。





でもやはり、動物は

人間より先に逝く。





もう5年も前になるのかなぁ。

12月の9日。

ものすごい雪が降った日。

前日まで、

その日の朝まで

いつもと同じだったポッピーが

息を引き取った。



今の私より

幼くて若かった私。

もっともっとポッピーにしてやれることがあったのに・・・

と、今でも心苦しくなる。





二度と生き物は飼うものかと思った。

私の人生で、生き物と共にするのは

ポッピーだけで終わりにしようと思った。



悲しくて・・・とかより

ポッピー以外を飼うということが嫌だった。





ポッピーが亡くなってから

3年以上がすぎ

実家には「ナナ」が来た。

せめて、もう犬ではなく猫に・・・

そんな感じで買い始めたにゃんこ。

nana-1_convert_20080818115105.jpg


ナナの魅力に

私も母も、スンさんもめろめろ。

「猫は3日で恩を忘れる」って

誰が言ったのだろう?

私はそれまで、忠実にその言葉を信じて

どうせ忘れられるからと、猫には情を移さなかった愚か者だ。




実家を出てからも

ぬくもりを忘れられず

紗羅を飼い始め、今ではチノまで。

080816273.jpg

0808160274.jpg

(丁度同じタイミングで、毛づくろいしはじめたw)


紗羅を飼うことを決断する前までも

すごく悩んだ。

あの世で、ポッピー嫉妬してるんじゃないか?

そんな、他人が聞いたら馬鹿げたことを

私は本気で悩んだ。

ポッピーにしてやれなかったことを

他の誰かにしてやったら

やきもち焼きのポッピーさん、嫉妬してすねるんじゃないか?

そう悩んだ。



それでも、やっぱりぬくもりはほしくて。

今に至る。


今でも時々ポッピーのこと思うけど。

やってやれなかった分、やってあげるからね?って

心の中でささやきながら。

そんでも、やっぱり今も一緒にできたらよかったのにって

さびしくなりながら。




今はもう、数枚の写真でしか残ってないポッピーだけど

今でも私の中では大きな存在で。

猫との生活で戸惑いながらも

ポッピーを思いながら、めげずにがんばったり。



「してやれなかった」という悔いがあるからこそ

今もっと色々考えてあげられるのかもしれないと思いつつ。

未熟だった(今でも未熟だけど)自分を省みながら。


にゃんこの姿にまた色々己を省みながら。





いずれは、また

悲しい思いをしなきゃいけなくなるだろうけど。

私が先に逝ってしまって

紗羅やチノが残るより

私が看取ってやれるほうが

よっぽどマシだと思う。




スンさんには

「私より先に逝ったら許さない。

私の後始末全部し終わってか

らついてきな!」


と言ってるけど




今の紗羅やチノは

私が最後まで世話してやる。



そのほうがよっぽど幸せだと思う。









とにかく

ぐだぐだと長くなったけど・・・




犬でも猫でも

共にできる温もりのおかげで

人間もいろいろ、成長したり

幸せになったり。


忘れかけてた「心」を感じたり。



0808160275.jpg



ついこの間まで

実家の物陰でぴーぴー鳴いてたチノが

へそを天井にして昼寝してる姿を見ながら

色んな考えに耽ってしまった今日である。

別にオチもなにもない


ただの私の独り言。








↓ みなさんも、いろんな「温もり」からファイトや元気をもらえますように。
  ついでに、応援していってください☆

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





















スポンサーサイト

コメント
泣いちゃったよ・・・
私も何頭かの犬を見送って、もう二度と動物を迎えまい・・・そう思ってた。
あれもこれもやってやればよかったって自分を責めて毎日泣いてた。
そして今いる子達もきっと、そうなった時には同じように思うだろう。
そして後悔するんだろうな。

でも、そうやって「死」に直面して「生」を学んできた気がする。
「なぜ人を殺しちゃいけないの?」
「なぜ動物を殺しちゃいけないの?」
そう言う質問を本気でする子が多い世の中
その答えは身近な家族(動物を含めて)の「死」にあるんじゃないだろうか・・・
そう思う。
それに触れることで、身を切られる思いや悲しみを感じることで
身をもって「生」の大切さを知るのだと。
平気で動物を捨てたり、虐待したり、保健所に連れてったりするような大人から
子ども達が「生」の大切さを学べるわけないって。
大切な人達を亡くしたことで、苦しくても生きなきゃって思えるんじゃないかな。

ついつい熱が入っちゃって、
長々と書いちゃってごめんね。
[2008/08/18 13:38] URL | ねここ #U3bS274I [ 編集 ]

よしぽんちゃん…私と考えが似てる?
よしぽんちゃんは昔、犬を飼っていたんだ
ね?私は犬は飼った事はないけど、隣のウチ
に雑種の白いチコって犬が居たの。

外飼いだから、年中外に出ると会えるし猫は
好きでもキライでもなかった。カワイイとは
思ったけどね?

隣のウチは?なぜか、よく判らないタイミン
グで犬を飼ったり、どっかへ行ってしまった
り……。チコもある日、突然居なくなって…
小学生ながら、チコの詩まで書いて悲しんでた。

……で、高校の時に運命の出会いをする。
それが、初代白猫の米子。多分、米子が亡く
なった1ヶ月後だね?よしぽんちゃんの……
ホッピ~ちゃんが天国へ行ったの。

親は二度と猫は(今居るチーコ以外)は飼わ
ないって、言ってた。でも、白猫が近所に遊
んでると母は嬉しそうに淋しげに……、

「米子ちゃんそっくりだ……カワイイね?」

母も相当、悲しかったに違いないし、私も…?
おじいちゃんと暮らしてなかったので、悪いけど、
米子が亡くなった時の方が、今まで生きてき
た中で1番悲しかった。おじいちゃんゴメンネ(ノ_-。)

でも、私は1ヵ月後また、米子に特徴の似た
シーコに出会い……後は私のブログに書いた
通り……。私も、1度味わったあの、暖かな
ふわふわな感触が忘れられない。

でも、飼った時は似ていても、やっぱり私の
「米子ちゃん」じゃないんだね……?
……と、思い知らされながらも、やはり愛お
しい生き物だった…。

私は写真を見ながら「どうか私の大事な人や
動物を見守ってね?」なんて、米子に虫のい
いお願いをしてたり…。

私も披露宴の時に旦那に「最期のお願いは
私よりも健康で長生きするように」……って
皆の前で、関白宣言したの。よしぽんちゃん
と、似たような事……言ってるね(笑)

私も、悲しいけど動物は基本、自分より先に
逝くものだし、そうでないと?動物には、理
解出来ないと思うもの。大好きな飼い主さん
が居なくなったら……?

私もチュチュを看取る(嫌だけど)気で飼っ
てるよ……。出来れば、元気で長生きしてく
れれば、1番なんだけどね?
[2008/08/18 14:27] URL | ☆とまみさ★ #mQop/nM. [ 編集 ]


遊びに来ました。応援もね☆ 
ここからは、ローマ字で綴っているので、読んでみてね。日本語をローマ字で書いているだけだよ♪

Poppy chan, kawaikattashi nagaiki shitane. Yoshiponchan tachini kawaigatte moratta none.

Neko mo inu mo inochi ga arumono wa taisetsu ni shitaiyone.

Tokorode, koreha Sun san ni. Uchino ottono jikka wa, JONZAC to iu machino sugu chikaku no mura. Kono JONZAC wa Charante-Maritime to iu Ken ni aruno. France no nanseibu.
[2008/08/18 14:33] URL | panipopo #nmwP0wpU [ 編集 ]

私も
我が家の愛犬が亡くなった時は
生き物を飼うのは辛いって思いました。
それでも、傍にぺったりくっついて甘えてくれたり、澄んだ瞳で見つめられると
やっぱり生き物が傍にいるって嬉しいって
思います。
先に逝かれてしまうのは悲しいけれど、見取ってあげるのが、ペットを飼った人間の最後の責任だと思います。
お互い悲しい思いするかもしれないけれど
やっぱり生き物好きって事だね♪
[2008/08/18 18:10] URL | albicocca #Q.VrF2.Q [ 編集 ]


ポッピーちゃんの亡くなった日。
実は、うちの娘の生まれた日です。
なんだか不思議な縁を感じました。

ポッピーちゃんにやれなかったことを、
今やっているよしぽんさんの姿が、
今の自分に重なり、朝から泣きまくってしまいました(T0T)

私も、よしぽんさんと同じ気持ちを
今も抱き続けています。
又、同じ猫を飼ってよかったのか・・・
なんて目の前の沙良を見ながら。

よしぽんさんは私のお手本ですっ。
これからもよろしくお願いしまっす(o*。_。)oペコッ
[2008/08/19 08:09] URL | めぐにゃん #- [ 編集 ]

ねここさん
同じようなブログ仲間は
みんな、私と似たような経験を
しているんだと思います。
そして、同じようなこと
感じて、悲しんで。

ねここさんのそういう想い、
私は好きですw
「命」を粗末にするような人が
一人でも減ってくれることを
願うばかりです。

私、授業中に結構猫の話するんです笑
例文によくいれたり。
プリントに、写真入れたり爆爆

猫があまりポピュラーでない国でも、
そんでも、身近に「猫」の話を聞いたりしてると、「猫飼おうと思うんです」とか、
「野良猫を追い払えなくなりました」とか
いってくれる生徒さんが出てくると
すんごいうれしくなります。


ねここさんの周りもきっとそうですよね。
お子さんもみんな優しいし。


想いって伝わると思います。
ねここさんのそういう
「想い」はきっと回りに伝わってると思います。
[2008/08/19 11:12] URL | よしぽん #AroKq.8Q [ 編集 ]

☆とみまさ★さん
やっぱりねえ。
生き物飼ってる人って
思うところ似てきますよね。

でもでも
とみまささんの言葉(ご主人へのw)のほうがやさしさ感じますね笑
私の場合、自分が寂しい想いしたくないだけで爆爆爆


ポッピー飼ってたころは
私にはオンリー一匹だと思ってたんですよ。
なので、ポッピー=私の犬っていうイメージがあって、弟も犬ほしいいいだして
雄を飼ったのです^^;

家族みんなでかわいがってあげたほうが
もっともっと幸せなのに
幼い私は独占力ばかり強くて^^;

今は紗羅も、チノも
ナナも、外にはクロもいますが。

ポッピーも、今の子らも
みんな、大事な「オンリワン」には
変わりないような気がします。


チュチュちゃんも
うちの坊主たちも
できるだけ、元気に幸せに
長生きしてほしいですよね!!><
[2008/08/19 11:16] URL | よしぽん #AroKq.8Q [ 編集 ]

panipopoさん
わざわざ教えてくれて
ありがとうございます>▽<
スンさん、早速メモメモしてました笑
よっぽど、フランスが気に入ったようで!

また行けたらいいなぁ。
[2008/08/19 11:17] URL | よしぽん #AroKq.8Q [ 編集 ]

albicocca さん
本当に、ペットの最期をみるのは
悲しいものです。
でも懲りずにまた、飼っちゃうのは
albicoccaさんの言うとおり
生き物好きっていう性なのかもしれませんw

まだまだガキだった私は
ガキ的なかわいがりしかできなかったけど。
今でもまだまだ未熟者だけど
今の私ができるかぎりのことをしてやるのが
愛情であり責任ですよねえ。
がんばりますよ~☆☆
[2008/08/19 11:21] URL | よしぽん #AroKq.8Q [ 編集 ]

めぐにゃんさん
いやいやいやいや
お手本だなんて滅相もない!ない!

大事な大事な
犬やら猫やら飼ってた人なら
みんな同じようなこと
思ったり感じたりしますよね!!

これからは
沙良ちゃんと楽しいこと
いっぱい分かち合って
ください☆☆

[2008/08/19 11:23] URL | よしぽん #AroKq.8Q [ 編集 ]


懐かしいー
今日の分と昨日の分とまとめて見たら、、
何と何と我が家のお姫様だったポッピーが現れてただただ懐かしくそして新たにあの日の事をまざまざに思い出してしまいました。
貴女にとってはあの子が全てだったのにね。
今の子達の様にはしてあげられなかったけど
きっとポッピーはちゃんと分かってくれていると思うよ。
でも、思い出すとやっぱり胸の奥の方がキュウウンとなるよ。
あの子にしてやれなかった事を今の紗羅やチノに存分にしてあげればいいと思うよ
今でもしっかりと遣っているけどね。
何か思い出したら懐かしい。今にでも玄関の前に現れそうな気がして、、。
紗羅ママさん、余り落ち込まずに元気出してね。e-74
[2008/08/19 22:16] URL | 恵美ママ #- [ 編集 ]


落ち込んではいないけど。
懐かしくもあり
未だに、ポッピーは大きな存在で。
今ならこうしてあげられたってのが
大きいかな。
そんでもポッピーは
昔のガキ的な私の扱いでも
慕ってくれてたってのが
救いだけど。
[2008/08/20 11:07] URL | よしぽん #AroKq.8Q [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sharapon.blog38.fc2.com/tb.php/230-4519d545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。