プロフィール

よしぽん

Author:よしぽん
左上から時計周りに

★ 紗羅(シャラ)
2007年9月14日生まれ

やさぐれ隊・隊長
小心者・運動御地、だけど隊長。
最高権力者。
虐待経験があるので、人間ちょっと苦手。



★ 茅乃(ちの) 
2008年5月1日生まれ。

シャラ大好き。
「かわいい」は自分のニックネームだと思ってる。
姫。

★ 羽稚(ハチ) 
2009年3月18日生まれ。

残念男代表。
お客さん大好き。
女性がもっと好き。

★ 飛菜(ひな) 
2009年7月11日

やさぐれ隊・切り込み隊長。
実は隠れボス?
おとーさんを手玉に取っている。


★ 紅芦(クロ)
生年月日不明・・・
2004年ぐらい生まれ?
2010年2月11日捕獲成功。
あまあまな優しい男。



★ 耀(テル)
2010年4月25日

ママっ子。
頭使わず力任せ。
ママ以外には、髪の長い女性を好む??

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

猫のいる風景
6匹にゃん +α(預かりにゃん)と暮らす日々IN 済州
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

似てる・・・?
さて

誰でしょう?

yo4_convert_20080823234208.jpg

鼻水とよだれでデロデロになってる。

yo3_convert_20080823234110.jpg

ばーちゃん子。

顔でか星人




はい、この顔でか星人

わたくしです。爆爆爆。



母がよくいう。

ジンは私にそっくりだと。




yo1_convert_20080823234043.jpg

jinjin_convert_20080823234010.jpg

私は、「いくつ?」に「いち」と人差し指をさしている。

ジンは、「イエイ」って感じで指をさしている。

時代の差。


yo2.jpg

「よっちゃん、いい顔はぁ?」で

この顔だったという。

どこがいい顔じゃ。


さて、その顔が


jin1_convert_20080823235144.jpg


ジンのこの顔に似ているというのだけれど

ジンの方がかわいいなぁ・・・。



ジンは、この顔で笑うとき

「しぃぃぃぃぃ」って笑う。

なぜ「しぃぃ」なのだ?






まぁ・・・

ここまで見苦しい写真をお見せしてしまって

申し訳ないです。


ジンの引き立て役ってことでw




さて、今日はチノの予防接種で病院へ。

チノ、体重2キロ。

紗羅、

やせたと思ったのに!5キロ。


sha-2.jpg
僕は行かなくてもいいのに、連れて行かれたら。
僕病院嫌いらのに。


いいじゃんw

チノだけだと、チノさびしいでしょw



紗羅さん、帰ってきて早速ぶさ顔。

不満げいっぱいの顔で、がんを飛ばす。


2キロだったころのにゃんズ。

ナナさん。

20071222170257_convert_20080823235815.jpg

お次は

紗羅さん。

sha-1.jpg


はいはい・・・二人ともパソコンの上に

あがるのは定番でしたなぁ・・・。


で、

チノ姫。


P8160067_convert_20080824000306.jpg

はい、チノさんも

仕事の邪魔するのはお好きのよう。



この3人が

同じぐらいの年で、一緒にいたら

面白いだろうなぁ・・・と思って

ちょっといたずらで作ってみた。


neko_convert_20080824014334.jpg




おっとりで、甘えん坊のナナさん。

クールなふりするくせ、抜けてるドジ王子紗羅さん。

大食い、やんちゃ、いたずら一番、でも甘え上手な姫、チノさん。


全部子猫だったら、大変だったかなぁ?w




↓ 今日はあまりオチありませんが、応援よろしくお願いしますw
にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ










スポンサーサイト
ポッピーの思い出
(今日は(も?)長いので、暇なかたは読んでやってください^^;)


私は、実家でナナを飼うまでは

特に「猫好き」ってわけではなかった。

どっちかというと犬好き。

ってか、かなりの犬好きだった。

物心ついた頃から好きだった。

飼ってもらった動物図鑑、全部読むのも好きだったけど

「犬」のページはぼろぼろになるぐらい見てた。

出張の多かった父親が帰ってくると、決まって

「お父さん、どの犬好き?よっちゃんはねえ、これだよ。」

って、これもまた決まって、真ん中に書いてある柴犬の絵を指差した。

そう、柴犬が大好きだった。

3年生まで、アパート住まいだったので、犬は飼えず

こうやって、父親が帰ってくると、「どの犬が好き?」を聞くのだ。

別に、父親の答えが聞きたいんじゃない。

ただ、その柴犬の絵を見せたい。

ただ「好き」を言いふらしたい。

たぶん、そんなところだろうと思う。

恋する乙女が、好きな彼のことをしきりに口にするのと心理はにてると思う。

3年生の夏、父親の建てた家に引越し、

そこには

母親が飼ってた、「エリ」という柴犬の雑種(それまで知人に預けてた)と

「マリー」という、そのエリの子(といっても成犬)が待っていて

私はうれしくて仕方が無かった。

その後、エリはまた子供を生み

私は薄茶色の子犬を、ミルクから育てた。

名前は「モコ」。

でも、家の事情でまた引っ越すことになり

モコは知人に預けられた。

最後の日、車の中から見たモコの姿が

いつものように、やや寄りかかり気味に伏せをして

車を見送ったモコの姿が

未だに、滲んだまま記憶に残っている。



もともとが、柴犬や秋田犬などといった

日本犬好みの私だったが

2匹ばかり続けてかったのだが、飼い続けることができなかった。

ふてくされてる私に父は

「小さい犬なら・・・」ってことで出会ったのが、

白い犬のポッピーちゃん。

マルチーズの雑種。

小型犬には興味のなかった私。

またもやふてくされたまま、店の人が手放したくなさそうだったので

意地で、その犬じゃなきゃいやだと、譲ってもらった。

最初の「意地」はポッピーを抱いた瞬間からなくなった。

かわいくて、かわいくて。

popy-6_convert_20080818114929.jpg

寝るときも一緒。

トイレもお風呂も全然苦労しなかった。

お風呂なんか、気持ちよさそうにお湯に浸かってたものだ。

ドライヤーも嫌がらず、これまた気持ちよさそうに

ブラッシングされてたものだ。

popy-3_convert_20080818114851.jpg


右のお耳が、ぴょんと立っているのがチャームポイント。

私が自転車にまたげば、かごに乗せろと、わしゃわしゃわしゃ。

バイクに乗れば、足の置き場に、ちゃっかり座ってたポッピー。

私がバスに乗ってでかければ、

猛ダッシュでついてきたこともあり、ひやひやさせられたことも。

海へ連れて行けば、

海の中へもついてきた。



popy-2_convert_20080818114838.jpg

お座りとお手と伏せしか教えなかったけど。

人一倍の甘えっこ。

1歳すぎるまでは、他の人には絶対媚らなかったっけw

子犬を生んだけど

わが子よりも、自分が先の

ちょっとわがままっ子w

私が子犬をかわいがろうものなら

「私も、私も」と、我が子を押しのけたポッピーさん。

「わがまま」だけど、私にはかわいくて、かわいくてw

popy-4_convert_20080818114904.jpg

すぐお腹を見せて、「なでて、なでて」と甘える。

約20年。

私のそばにはいつもポッピーがいた。

ポッピーがいなくなるなんて、全然考えられもしなかった。





でもやはり、動物は

人間より先に逝く。





もう5年も前になるのかなぁ。

12月の9日。

ものすごい雪が降った日。

前日まで、

その日の朝まで

いつもと同じだったポッピーが

息を引き取った。



今の私より

幼くて若かった私。

もっともっとポッピーにしてやれることがあったのに・・・

と、今でも心苦しくなる。





二度と生き物は飼うものかと思った。

私の人生で、生き物と共にするのは

ポッピーだけで終わりにしようと思った。



悲しくて・・・とかより

ポッピー以外を飼うということが嫌だった。





ポッピーが亡くなってから

3年以上がすぎ

実家には「ナナ」が来た。

せめて、もう犬ではなく猫に・・・

そんな感じで買い始めたにゃんこ。

nana-1_convert_20080818115105.jpg


ナナの魅力に

私も母も、スンさんもめろめろ。

「猫は3日で恩を忘れる」って

誰が言ったのだろう?

私はそれまで、忠実にその言葉を信じて

どうせ忘れられるからと、猫には情を移さなかった愚か者だ。




実家を出てからも

ぬくもりを忘れられず

紗羅を飼い始め、今ではチノまで。

080816273.jpg

0808160274.jpg

(丁度同じタイミングで、毛づくろいしはじめたw)


紗羅を飼うことを決断する前までも

すごく悩んだ。

あの世で、ポッピー嫉妬してるんじゃないか?

そんな、他人が聞いたら馬鹿げたことを

私は本気で悩んだ。

ポッピーにしてやれなかったことを

他の誰かにしてやったら

やきもち焼きのポッピーさん、嫉妬してすねるんじゃないか?

そう悩んだ。



それでも、やっぱりぬくもりはほしくて。

今に至る。


今でも時々ポッピーのこと思うけど。

やってやれなかった分、やってあげるからね?って

心の中でささやきながら。

そんでも、やっぱり今も一緒にできたらよかったのにって

さびしくなりながら。




今はもう、数枚の写真でしか残ってないポッピーだけど

今でも私の中では大きな存在で。

猫との生活で戸惑いながらも

ポッピーを思いながら、めげずにがんばったり。



「してやれなかった」という悔いがあるからこそ

今もっと色々考えてあげられるのかもしれないと思いつつ。

未熟だった(今でも未熟だけど)自分を省みながら。


にゃんこの姿にまた色々己を省みながら。





いずれは、また

悲しい思いをしなきゃいけなくなるだろうけど。

私が先に逝ってしまって

紗羅やチノが残るより

私が看取ってやれるほうが

よっぽどマシだと思う。




スンさんには

「私より先に逝ったら許さない。

私の後始末全部し終わってか

らついてきな!」


と言ってるけど




今の紗羅やチノは

私が最後まで世話してやる。



そのほうがよっぽど幸せだと思う。









とにかく

ぐだぐだと長くなったけど・・・




犬でも猫でも

共にできる温もりのおかげで

人間もいろいろ、成長したり

幸せになったり。


忘れかけてた「心」を感じたり。



0808160275.jpg



ついこの間まで

実家の物陰でぴーぴー鳴いてたチノが

へそを天井にして昼寝してる姿を見ながら

色んな考えに耽ってしまった今日である。

別にオチもなにもない


ただの私の独り言。








↓ みなさんも、いろんな「温もり」からファイトや元気をもらえますように。
  ついでに、応援していってください☆

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ






















であった猫とちょっと裏話?
フランスに行って、初日に泊まったホテルは

思ったより、しょぼかった。

スンさんが、私に「まだやってんの?」と

文句たらたら言われながら、選んで選んだホテルなのにもかかわらず

結構、「あぁ・・・」とがっくりくるようなものだった。


で、「ネットに紹介されてたものと違う」といったところ

では、次の日から、ホテルを変えてもいいといわれ、

スンさんと私は、フランスに着いた日は

散歩がてら、ホテル探しをしたのであった。

まぁこれが、韓国やら日本やらで

旅先に着いたそうそう「宿探し」をさせられたのだったら

「あんだけ、ながぁぁい時間選んだくせに、これかい!

 だから、パッケージにしようって言ったんだよ。
 
 あれだけ、旅行に行ってから宿探しするのいやだって言ったじゃん!」


なんて

文句のひとつ(?)もスンんさんに向けられたのだろうけど。

なんてたって、町並みが全部きれいなもんで。

ただ、そこをぶらぶら歩くだけで、わくわくしてしまった。


それにしても、運悪く

その週は、テニス大会やらがあって

どのホテルもほぼ満室。

あのホテルの人も、それを知ってて

「移れるもんなら移っていいですよ」だったのか?なんて思ったり。

でも、幸い、サン・ミッシェルには

ホテルが密集していて、近場にいろんなホテルがあったのでよかった。


何軒かホテル探しをしていると

あるホテルに猫ちゃんがいた。

P5300319_convert_20080624090510.jpg


とっても人懐っこい猫ちゃん。

私がおもわず、しゃがみこんで

「おいでー」っていうと

しっぽをぴんとたてて、にゃぁと鳴いて

近寄って来てくれた。

P5300320_convert_20080624091249.jpg


(あんまり、早く、すたすたすたすたと近寄ってきたので、写真うまく

 撮れませんでした・・・^^;)


P5300321_convert_20080624091401.jpg


名前は「なんとかちゃん」。

聞いたんだけど、聞き取れなかったし、覚えられなかった・・・爆爆爆


この「なんとかちゃん」に一目ぼれした私は

是非是非是非是非

このホテルに泊まりたいと思ったのだけれど


あいにく、7日間満室ということで

そのホテルでの、猫ちゃんとのライフは断念した。

結局、近くの4つ星ホテルに空きがあるということで

そのホテルに泊まったが・・・。

まぁ、いいことはいいけど。

フランスのホテルって、結構コンパクトなのかなぁ?なんて

思ったりした。

P5280137_convert_20080624092329.jpg




P5280136_convert_20080624092240.jpg


こんな感じ。

次にであったのは

オルセー美術館に行く途中、昼食を摂ったレストラン。

猫じゃなく、わんちゃんだったけど。

P5280162_convert_20080624092821.jpg



セットメニューを食べたのだけれど

ちょっと私の口には合わず(香辛料がきつかった)

んでもって、デザートがおいしかったんだけど

ちょっと甘すぎたし、量が多くて残してしまって。

それが気に入らなかったのか、ウェイターさんの態度が

すんごく悪かった^^;

一応、「チップは忘れるな」といわれたので、

置いてでようとしたら、チップがあるかどうか

そのウェイターさんは、確かめてから、うちらを通してくれたのだ・・・。

馬鹿にしてんのか・・・と腹も立ったけど

まぁ・・・どこいってもこういうのはあるしな・・・と、

いやな人もいたけど

やさしい人もいたし。

あとは、オペラ座のほうへ行ったとき。

オペラ座付近は、こじきさんがたくさんいた。

しかも、みんな、犬やら猫やらを連れて

恵んでもらおうとしていた。

わんちゃんや猫ちゃんたちのほうが

ちょっとかわいそうな気がした。

P5300545_convert_20080624091507.jpg


猫ちゃんとはとをつれた不思議なおじさん。

写真撮ってもいい?って聞いたら、オッケーしてくれた。

心配だったのは

猫ちゃん。

ずっと寝てたし。

口元によだれのような、白い泡が見えたような気がしたのだ。


P5300544_convert_20080624091438.jpg


歳とってるだけかなぁ?

息してたし、別に苦しそうとかではなかったけど。

などと、いまだに気になっている、この猫ちゃん。


どこの世界にいっても

表あり、裏ありで。人の暮らしぶりは変わらない。


そして、ちょっといやな出来事があったけど

そんでも、フランスはまた行ってみたいなぁと思うほど

きれいな街だった。




P6210022_convert_20080623073655.jpg

僕は家がいちばんいいら。

へいへい。

相変わらず、車に乗るのは好きなのだけど

キャリーバッグを嫌うようになった紗羅・・・。

キャリーバッグを見せると、たんすの上に逃げていってしまう。

まぁやっとこさっとこ、捕まえて車にさえ乗せれば

大丈夫なんだけど・・・。

すっかり、出不精に磨きがかかった紗羅さんだ。


↓ 応援お願いします☆
にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ









 
フランス旅行 ~ノートルダム大聖堂~
パリ、初日に泊まったところがサン・ミッシェル付近。

えっと、フランスに詳しいのが、パニポポさん

パニポポさんのコメントをよく読んでください・・・。

もっと楽しいとおもいます。

(パニポポさん、ご了承もなく勝手に人任せにしてすみません・・・爆爆爆)

なにせ、フランス本場での経験豊かなお方ですので。


P5280038_convert_20080616094712.jpg


初日泊まったホテルの窓から撮った風景。(これは私が)

↓はスンさんが。身長の差で、見える角度に差がでた・・・くやしい・・・。

P5280039_convert_20080616094834.jpg


P5280040_convert_20080616095105.jpg


この裏町を見られただけでも、わくわくものだった。


サン・ミッシェル付近から、ノートルダム大聖堂やら、ルーブルやら、オルセー美術館やら

全部徒歩で回れる距離にあった。

朝7時に朝食とって、一休みして、9時から10時の間に出発したら、

あとは夜暗くなるまで(10時前ぐらい)、歩き回ったw

初日は、フランスに着いたのが午後5時過ぎだったので

ホテルを探し回って、ホテル付近を回っただけで終了。

(ホテルがおもったよりボロくて、ほかのホテルも探し回った。

 テニスの大会かなんかがあったらしく、結構ホテルが満杯で、大変だった。)


で、次の日行ったのがノートルダム大聖堂。

11時チェックインだったので、その前にぶらぶらと散歩がてら行ってきた。

P5280046_convert_20080616095329.jpg


知らない建物。

でもきれー。


P5280047_convert_20080616095448.jpg


ノートルダムに向かう途中。

セーヌ河に沿って、てくてく。

右端に微妙に見えるのが、寺院w


P5280051_convert_20080616104504.jpg


こんな眺めなら、毎朝散歩しても飽きない。

スンと私と結構散歩好きなのだが、

いつもはもくもくと、お互いの会社の愚痴をいいながら歩くのだが

こんな景色の中だと、お互いすがすがしく散歩できた。

P5280052_convert_20080616104610.jpg


歩くこと、10分足らずで、ノートルダムに到着。

田舎物の私は、すっかりおのぼりさんポーズで、

この建物を見上げてた。

しかし、人!

さすがに、多い。

この人を修正して、消す知識と実力が

私にはない・・・。

P5280063_convert_20080616104734.jpg


入り口の彫刻。

全ての彫刻が違ってて、

「昔の人なのにえらいなぁ・・・」なんて感心してた。

P5280064_convert_20080616104806.jpg


なんか、意味あるんだろうなぁ・・・。

こんなのに詳しかったら、見ててもっと楽しいんだろうなぁ。

とか思いながら眺めてた。


P5280067_convert_20080616104904.jpg


中。

こりゃぁ、目で見ないとだめだなぁ・・・。

写真撮りへたっぴだし。

とにかく、すごかった。スケールも何もかも。

P5280068_convert_20080616105007.jpg


中に入って、まっすぐ奥にあった、キリストさん。

P5280072_convert_20080616105102.jpg


そして、何がすごいって

ステンドグラス!


P5280079_convert_20080616105249.jpg


こりゃ、「ほぇ・・・」という感嘆詞しか

出てこなかった。

ステンドグラスも、全て模様が異なっていた。

「すごい」の一言しか出てこなかった。

P5280080_convert_20080616105328.jpg


P5280090_convert_20080616105634.jpg


書き込み帳があったので

書いてみた。

絵かいて、写真とってたら、後ろのおっちゃんに笑われた。

しかも、わざわざ新しいページを開いて、隅っこに書く

小心者。

しかも、恥ずかしくて急いで撮ったら

ぶれた・・・。

ノートルダムは、気に入って、サン・ミッシェルのホテルを出る

最後の日の朝に、また行ってきた。

また行きたいなぁ。




☆ おまけ ☆

~ 窓際の紗羅ちゃん ~

窓際から降りずにおもちゃで遊ぶ

じじくさい紗羅。

0237.jpg

だって、寝起きなんらもん。
よしぽんらって、寝ながらおもちゃ動かしてるらしょ。

だって、時差ぼけが・・・。

0234.jpg

日本は時差ぼけないらよ。

わかってるら。

ぐーたらなだけら・・・。

02377.jpg

素直でいいら。

へいへい。

0236.jpg

雨、うっとうしいらねえ・・・。

仙台にいる間、済州には

梅雨が来たらしく、ずっと雨。

ほんと、うっとうしい季節が来たねえ・・・。

梅雨の間ずっと仕事休みたい・・・wwww









☆ もっとおまけ ☆

~ おまぬけな私 ~


ノートルダム

ずっと、ノーストラダム寺院といい続けてきた。



ステンドグラス

ずっと、スタンドガラスといい続けてきた・・・。



サナダムシ(ぷちおまけ)

ずっと、サラダ虫といい続けてきた・・・。


あぶな・・・。

あぶな・・・。



↓ こんな二人に応援を・・・w

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ








旅行にて ~ 荷物をひくスンさん ~
今日は新婚旅行のお話で。

ご存知のように、おフランスへ行かせていただきました。

フランスは、ちょっぴり不親切な人もいたけど

やさしい人もいて。

なにより、なにより

景色がきれいだった!

さすが!と、連続感嘆感嘆。

そのよさを、理解していただくために

比較資料を用意してみた。



↓は、式当日、ソウルのホテルの近くの駅に着いた時に撮ったもの。

P5250001_convert_20080607205046.jpg




寂しげな駅。

両手に荷物を引くスンさん。

P5260004_convert_20080607205228.jpg


次の朝も、スンさん荷物を両手に

ちょっとかっこつけ。

かっこつけても、格好がつかない。


そしてフランス。

P5280033_convert_20080607205335.jpg


さすが、フランス!

風景画違う!

同じく、荷物を持ってるしょんぼい姿でも

フランス・パリを風景に写真を撮ると

なんとなく、かっこよく見えるのだ!

P5300503_convert_20080607210141.jpg


両手に大きな荷物をもって、

彷徨ってる後姿であっても

パリの景色がバックにあれば、しょんぼくならない。

(ような気がする・・・)

サンミッシェルにて。


P5310601_convert_20080607210456.jpg


道を渡ったり。

その道が、かっこいい。

P5310606_convert_20080607210525.jpg


でっかい荷物で格好つけても、

周りがフランスなら、周りの風景でカバーできる。


P5310609_convert_20080607210644.jpg


オペラ座近くの、なんとかデパート前w

P5310614_convert_20080607210756.jpg


オペラ座がバックなら

荷物運びもさまになる??




私も、風景に混じりたくて撮ってもらった写真↓
 
P5300501_convert_20080607210031.jpg


撮ってもらった後はすぐ

荷物はスンさんへと返された。



とにかく、

街が美しくて、きれいで!


朝の9時ごろから、夜の10時ごろまで

(10時近くならないと、暗くならないので)

歩き続けても、楽しくて楽しくて。

それは、周りが全部きれいだからだったと思う。

今日は、スンさん入り写真だったけど、

次は、へたくそだけど風景の写真も載せてみたいなぁ。


飛行機は大変だけど、また行きたいなぁ・・・。



今頃、紗羅なにしてるかなぁ?

P6040749_convert_20080612135221.jpg


会いたいなぁ。


↓ 応援お願いします。
にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。